FX初心者のための入門

>

万が一損失が出てしまったら

マージンコールとは

FXは利益と同時に、当然リスクもあります。
ここでは損失が出たときに注意することをご紹介していきます。

まずはマージンコールについて見ていきます。
マージンコールとは、取引している元手が銀行の設定する最低ラインを下回ったときに入金を要請されることを言います。
とくにレバレッジを活用して取引をしていて損失が出てしまったときに、起こりやすいものになっています。

マージンコールをされたときは2つの方法で対処することができます。

まずは設定された期日までに銀行口座に入金する方法です。
マージンコールは元手が足りていないことですから、元手を足すことで解決する方法です。

もう1つは元手を回復するように取引を決済することです。
損失を回復できるように取引の利益を確定することで解決することもできます。

もしマージンコールが発生しているにもかかわらず何も対処しない場合は、業者によって強制的に取引の確定のパターンが執行されます。

ロスカットにも注意

FXの取引をしているときに損失が出てしまったときに注意することとして、もう1つロスカットというものがあります。
ここではロスカットについて、その仕組みや対処について見ていきましょう。

ロスカットとは、先ほどマージンコールで説明したような最低基準を下回ったときに、「お客に確認をとらずに」取引を確定してしまうことを言います。
マージンコールの規準よりさらに損失が出る規準で設定されてるので、通常はロスカットの前にマージンコールで通知されます。

このロスカットは業者側の損失をできるだけ小さくするために設定されていますが、取引する側にとっても損失を抑えることになる規準です。
ロスカットのシステムがない業者はないといっても過言ではありません。

マージンコールと合わせてロスカットの規準を調べておくことで、損失に対する意識も出ますので、ぜひ活用してください。