FX初心者のための入門

>

初心者が覚えておきたい用語

そもそもFXとは?

お金を稼ぐ方法として紹介されたFXですが、そもそもFXとは何でしょうか?
まずはそこから説明していきましょう。

FXとは外国為替取引という言葉を短縮したもので、金融取引になります。
お金同士を交換する間に発生する差額を利益として手に入れる取引になります。

たとえば外国に行くときに通貨を両替します。
このときに日本円で100円を1ドルとして両替して出発したとします。
帰国して使わなかったアメリカドルを1ドル105円で日本円に両替すると、ここで差額が生まれています。
100円から105円に増えていますから、5円分得をしていることになりますね。

このような差額から利益を積み重ねていくのが、FXということになります。

FXでもうかる仕組みについて

さてFXの基本的な利益が生まれる仕組みについては、少しわかっていただけたと思います。
しかし先ほどの例だと、利益が小さいのではないかと心配になっている方もいらっしゃると思います。
そこでここではFXが大きな利益を生み出す仕組みについて、ご紹介していこうと思います。

まず1つは、レバレッジというシステムです。
これは少ない資本で大きな資本を運用できるというシステムです。
自分が持っているお金の何倍の金額を運用しているか、という意味で使われます。
レバレッジが10倍なら、利益も10倍になるということです。

もう1つの特徴はスワップ金利というものになります。
これは取引通貨の間で生じる施策金利の差のことで、その分の金利を利益とする仕組みです。
その通貨を保有している時間に応じて、利益が生まれることになっています。

どちらも役に立つ情報ですから、ぜひ覚えておいてください。