FX初心者のための入門

FXトレーダーが勉強しておくべきこと

初心者が覚えておきたい用語

地道に働く以外の方法でお金を手に入れる手段の一つとしてFXがあります。 しかし、その仕組みについてわからないと信用できないという方も多いと思います。 そこでここではどのようにしてFXで利益が生み出されているのかについて、詳しく見ていこうと思います。

FXで利益が出る仕組み

FXをはじめたばかりの初心者の内は、勉強しないといけないことがたくさんあります。
このページに紹介されていることはもちろんですが、そのうちの一つが用語です。
用語を覚えれば、さまざまな場合に知識を使って対応することができるようになるので、とても役に立ちます。

しかしどんなものから覚えたらいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方のために、ここではFX関連でよく使われる用語についてご紹介していこうと思います。

まずはロングという単語です。
この単語はあとから紹介するショートという単語と合わせてよく使われますね。
通過を買い持ちにすることをロングと言います。
よくあるのは買うことだけで、ロングだと思っている間違いです。

ロングと関連して覚えておきたい単語がショートですね。
こちらは売って持っている状態のことを言います。
先ほどと同様に、売ること自体がショートではないことに注意です。

たとえば米ドルと日本円のロングという場合を考えてみましょう。
例えば、通貨、すなわち米ドルを買い持ちし日本円を売り持ちしている状態です。

二つと合わせてスクウェアという単語も覚えておくとよいでしょう。
こちらはロングとショートのバランスがとれている状態、つまり外貨の持ち高がプラスマイナス0のことをいいます。

このような単語の他にもさまざまな用語が使われますが、それらは出てきたときに調べて覚えるようにするとよいでしょう。
少しずつ覚えていくことが上達への道です。

おすすめリンク

FXで重要なのは分析

FXについてその仕組みや、利益の出し方について少しずつわかってきたと思います。 では、次のステップに移りましょう。 ここではさらに利益を出すために必要な、分析について見ていきます。 この分析で利益を大きくしたり、損失を抑えたりできます。 ぜひ活用して、利益につなげましょう。

万が一損失が出てしまったら

FXはその魅力と同時に、損失を出してしまう可能性も持っています。 これまではそれを最低限に抑える方法について見てきました。 ここではそれでも損失が出てしまったときに注意しなければならないことについて見ていきます。 万が一に備えておくことで、安心して取引に挑戦しましょう。